FROM JAPANキャンペーン開催中

FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

ファッション LOUIS VUITTON ライン ダミエ・エベヌ

LOUIS VUITTON・ライン・ダミエ・エベヌ

ライン ダミエ・エベヌ とは?

Damier Ebene Canvas(ダミエ・エベヌライン) - LOUIS VUITTONの代表的な柄のライン

LOUIS VUITTONのダミエ・エベヌラインは、チェスの目のような柄にLOUIS VUITTONの銘という、とても特徴的なデザインをしています。今ではLOUIS VUITTONを代表する柄となっています。最初に登場したダミエ・ウェストミンスターは、ベージュに茶褐色の落ち着いた色で、1970年のフランスでの日本ブームにより、その中で特徴的であった市松模様をモチーフにしたとも言われています。アイボリーとインディゴをベースにしたダミエ・アズールは、イタリアのリビエラ海岸をモチーフにしたと言われており、女性からの人気がとても高いです。また男性向けにブラックとグレーを使ったダミエ・グラフィットという柄もあり、ダミエ・ジュアンといった巨大な柄を使うなど豊富なラインアップがあります。

ダミエ・エベヌ

LOUIS VUITTON・ライン・ダミエ・エベヌ おすすめ商品

もっと見る
ライン・ダミエ・エベヌ

LOUIS VUITTONは、1860年代から頭角を現し1867年の万国博覧会にて銅メダルを得たことにより世界的な評判を得るようになりました。当時の世界的権力者、アルフォンソ12世やロシアのニコライ皇太子など、数々の王族に重用されるまでになりました。しかし、それと同時にさまざまな模倣品を生みました。そんな中1888年に、息子のジョルジュが模倣品防止のために考案した柄がダミエラインです。そして1年後の1889年の万国博覧会にて金賞を受賞しました。

その特徴的なラインが誕生したきっかけは、1867年の万国博覧会中のフランスに日本ブームが起こった事が始まりでした。当時5万以上の企業が出展したこの博覧会の中で、最も注目を浴びたのは日本館でした。初めてみた日本の文化にフランスの人々は感動し、その後のフランス文化にとても大きな影響を及ぼします。その中の市松模様をモチーフにしたことが始まりでした。当時LOUIS VUITTON模倣品が横行していたため、もっと複雑で模倣されにくいものをと考えていたジョルジュは、市松模様を見てダミエラインを考案しました。

LOUIS VUITTON独特のとても高級感があるデザイン性と、落ち着いた雰囲気のある模様には豊富な種類があります。濃淡のある柄の雰囲気もまた大きく様変わりするので、若い世代から大人の世代まで幅広く利用される事も特徴です。その軽やかな色合いはカジュアルなテイストですが、高級ブランドLOUIS VUITTONの新たなコレクションとして堂々たるイメージも引き継いでいます。シンプルでかつ機能的なデザインも相まってとても人気の高い商品になっています。

×

×

×