FROM JAPANキャンペーン開催中

FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

ファッション Dior ライン レディディオール

Dior・ライン・レディディオール

ライン レディディオール とは?

Lady Dior(レディディオール) - Diorのアイコンとして人気を誇るバッグ

Diorのレディディオールは、Diorが展開しているバッグの中でもアイコン的なバッグとして知られています。このシリーズは、まさにレディが装うために作られたバッグで、手に取ればまさにDiorな装いを生み出します。素材にラムスキンが採用されたこのバッグは、歴史を持ったバッグとして世界各国の女性たちから愛され熱い支持を集めています。ラムスキンは、自然で光沢のあるツヤがあるため、レディディオールをエレガントな雰囲気にまとめています。キルティングのデザインが施され、アクセントに付けられたチャームがポイントです。バッグそのものがまるでジュエリーを思わせるような輝きを放ち、大人の女性のためのミニバッグにふさわしい不屈の名作とされています。

レディディオール

Dior・ライン・レディディオール おすすめ商品

もっと見る
ライン・レディディオール

Diorのアイコンバッグであるレディディオールが誕生したのは、1994年のことです。当初はこの名前ではなく「Cannage Cuir(カナージュ・キュイール)」の名前で呼ばれていました。
カナージュは、カゴの編み目のことを意味します。当時サロンには、座面がカナージュのイスがあり、ディオールがこのカナージュをヒントに作りだしたのが「カナージュ・キュイール」でした。
しかし、この名前は後に「レディディオール」に改名されます。そのきっかけは、故ダイアナ妃がこのバッグを大変気に入っており、海外外交にも愛用していたことでした。レディダイアナが愛用したバッグということで、レディディオールと名付けられたのです。

レディディオールは、太めに作られたハンドルがエレガントな雰囲気を演出しています。ハンドルには、大ぶりで存在感が感じられるチャームが大胆に施されています。このアイコンチャームは、「D」「i」「o」「r」すなわち「Dior」を表す4つの文字を組み合わせたチャームです。それぞれが独立しているので、持ち主の動作に合わせるように揺れ、その度に金属音を繊細に奏でます。
バッグ全体にカナージュステッチが施されているレディディオールは、縦横方向のステッチに加えて、交差するように斜め方向の縫い目が入り、立体感のあるシルエットに仕上げられています。ショルダーが付いており、肩掛けにして身軽に使うことも、ショルダーなしでハンドバッグとして使うこともできます。

レディディオールには、多彩なカラーバリエーションがあり、特にブラックのラムスキンは誕生当初から女性の間で人気になっています。チャームは、品の良いペールゴールドとクールな雰囲気のシルバーメタルの2種類がラインアップされています。大きさは3種類の展開で、サイズによって収納力や見た目のイメージが異なります。
ミニバッグは、小さい財布や携帯電話、コスメなどを収納するのに最適なサイズです。ノーマルサイズなら、手帳やポーチなどのデイリーアイテムを収納できます。ラージサイズは、ミニやノーマルより多少デザインが横長になっているため、収納力に優れ仕事用としても使いやすくなっています。

×

×

×