FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

LEGO

LEGO

LEGO とは?

LEGO(レゴ) - 熱狂的な愛好者も多く、世界中の人に愛されている、プラスチック製の上質な組み立てブロック

LEGOは、デンマークのビルンに本社を置く玩具会社、およびプラスチック製の組み立てブロック「LEGOブロック」の総称です。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語「Leg Godt」から社名をLEGOとしました。LEGOブロックは世界各地で製造されており、1年間におよそ200億個、1時間におよそ230万個が生産されています。高い品質を維持しており、耐久試験では組んで外すを繰り返し、17万回まで耐えられるという結果が出ています。LEGO社はLEGOブロックのほか、プログラミングのできるロボットのパーツセット「マインドストーム」を発売しています。ブロックやLEGOテクニックの部品でハードウェアを作成し、パソコンの画面上で組み立ててソフトウェアを作成することで、自由に動作するロボットを作成できます。

LEGO

 

シリーズ から探す

LEGO の関連動画

LEGO おすすめ商品

LEGO
もっと見る

LEGO社は、当初木製玩具を作っていましたが、プラスチックの使用が広がる時代の流れにあわせ、1949年よりプラスチック製玩具を作り始めました。日本では1962年に朝日通商が販売代理店となりLEGOブロックの販売を開始し、1978年には日本LEGO株式会社が設立され、直接輸入販売を手掛け始めました。LEGOブロックが広く知れ渡るにつれ、日本でもダイヤブロックやメガブロックなどの類似玩具が発売されるようになりました。

現在販売されているブロックは3種類あります。LEGOの基本となる「LEGO・クラシック」、クラシックと同じサイズですがある程度カタチになった大きなパーツが含まれている「LEGO・ジュニア」、幼児が飲み込まないように大きめのサイズになっている「LEGO・デュプロ」です。LEGO・デュプロは、従来のLEGOブロックと結合できるように設計されているため、子供が成長してデュプロブロックを卒業しても、捨てることなく新しいLEGOブロックと混ぜて遊ぶことができます。ブロック以外に、モーター、ライト、音が出る装置、カメラなどの部品があり、他のLEGO部品と一緒に使うことができます。人間の役割をしているミニフィグは今までに40億体以上作られており、2,500種類以上のキャラクターがいます。また、LEGOにはさまざまなシリーズがあります。男の子向けの街の建物や乗り物を作れる「LEGO シティ」、女の子向けの可愛いフィグが入った「LEGO フレンズ」、大人も楽しめる「LEGO クラシック」や「LEGO テクニック」などがあります。1999年の「スター・ウォーズシリーズ」の発売から、「ハリー・ポッターシリーズ」や「ディズニープリンセスシリーズ」などのライセンス商品も登場しました。

LEGOのテーマパーク「LEGOランド」は、世界の有名なランドマークをLEGOブロックで再現した巨大モデルが展示されているほか、さまざまなアミューズメント施設を備えています。LEGOの本社があるデンマークをはじめ、アメリカやイギリスなど世界の数カ所にあり、2017年4月には日本でのオープンが予定されています。

×

×

×