FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

おもちゃ、ゲーム 任天堂 本体 ニンテンドー3DS

任天堂・本体・ニンテンドー3DS

本体 ニンテンドー3DS とは?

ニンテンドー3DS - 3D液晶ディスプレイで裸眼による立体視が可能、多数の内蔵ソフトも楽しめるDSシリーズの後継ゲーム機

ニンテンドー3DSは、任天堂が2011年2月26日にニンテンドーDSシリーズの後継機として発売した携帯型ゲーム機です。キャッチコピーは「メガネがいらない3DのDS」。見た目はDSシリーズから大きく変化していませんが、裸眼3Dディスプレイが搭載されており、裸眼で立体的なゲーム映像を見ることができます。音質・画質ともに向上し、動画の撮影と再生ができるようになりました。ニンテンドーDSシリーズのソフトもプレイできます。シリーズとして、大画面仕様のニンテンドー3DS LL、3DSのマイナーチェンジ版のNewニンテンドー3DS、New3DSの大画面仕様のNewニンテンドー3DS LL、日本国外向けの廉価版3DSのニンテンドー2DSが発売されています。日本国内では2,000万台以上、世界売上は6,000万台を記録しています。

ニンテンドー3DS

任天堂・本体・ニンテンドー3DS おすすめ商品

もっと見る
本体・ニンテンドー3DS

ニンテンドー3DSは、前代機の特徴である2つの画面、タッチパネル、マイク、カメラはそのまま引き継がれており、「すれちがい通信」では複数のソフトで通信を行えるようになりました。また、自動的に無線LANにアクセスして、ゲームのデータや無料ソフト、映像などを受信してくれる「いつの間に通信」という機能が追加されました。最大の特徴は、裸眼による立体視が可能なことです。立体映像の見え方には個人差があるため、3D表示の立体深度を変化させたり、オフにして2D表示にしたりもできます。映像だけではなく、本体搭載のカメラを使って静止画や動画を3Dで撮影でき、撮影した顔をモデルにした敵キャラが襲い掛かってくるゲーム「顔シューティング」が本体に内蔵されています。

3DSシリーズには、さまざまなカラーバリエーションと限定モデルが存在しています。限定モデルには、ゼルダの伝説、ワンピース、モンスターハンターなどがあります。2016年2月には、日本国内では発売する予定のなかったニンテンドー2DSが、「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ」それぞれとセットになった限定パックとして発売されました。

日本国内では、「とびだせ どうぶつの森」が500万本以上の大ヒットとなりました。全世界では「マリオカート7」が最も売れており、最強アイテムの「ラッキー7」が出現したときは興奮した人も多いのではないでしょうか。フランスパリのルーヴル美術館では、2012年4月より3DSを使った館内案内サービスが実施され、展示品の画像と音声による解説、利用者の現在位置を3Dで見ることができます。2013年には、現地で利用されているオーディオガイドを楽しめる「ニンテンドー3DSガイド ルーヴル美術館」がダウンロードソフトとして発売されました。現在も新作のソフトが発売されており、今後の作品にも期待したい商品です。

×

×

×