FROM JAPANキャンペーン開催中

FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

おもちゃ、ゲーム 任天堂 ソフト NINTENDO 64

任天堂・ソフト・NINTENDO 64

ソフト NINTENDO 64 とは?

NINTENDO 64 - 特徴的なコントローラー、3D描写、4人同時プレイが可能、さらに進化した次世代家庭用ゲーム機

NINTENDO64は、任天堂が1996年6月23日に発売した家庭用ゲーム機です。日本では「64(ロクヨン)」・「N64」と略称されています。当時は高性能であった64ビットのCPUを使用していることから、「64」というネーミングかつけられています。「ゲームが変わる。64が変える。」のキャッチコピーとともに登場しました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でしたが、発売までの間にセガサターンとプレイステーションが2万円以下で発売されていました。また、ライバル機は対応メディアにCD-ROMを採用していましたが、NINTENDO64はROMカセットを採用したことによりソフトの開発が難しく、容量や価格の面で不利になりました。しかし、マリオ・カービィなど自社ブランドのキャラクターを売りにした独自性の高いソフトを発売し、堅実に支持を獲得しました。日本国内での売上は554万台、世界売上は3,292万台を記録しました。

NINTENDO 64

任天堂・ソフト・NINTENDO 64 おすすめ商品

もっと見る
ソフト・NINTENDO 64

NINTENDO64は、コントローラーポートを標準で4つ装備し、4人同時プレイができることから、小中学生を中心に多人数向けゲームで大きな広がりを見せました。また、3つのグリップがある特徴的な形のコントローラーは、3つの握り方があり、さまざまな操作形態のゲームに対応できました。

NINTENDO64には数々の周辺機器があり、「振動パック」は、今ではおなじみのコントローラーがプレイに応じて振動する機能を備えたもので、この発想は当時画期的なアイデアでした。また、「64GBパック」はコントローラーにセットするとゲームボーイと接続でき、データを連動させたプレイを楽しむことができました。当時、まだ普及していなかったインターネット接続をアピールにした「64DD」は、度重なる発売延期と、ネットワークサービスに入会しないと購入ができない販売形態、ソフト不足などがあいまって、全国で10,000人しか持っていない幻のハードとなりました。公式で発売されたカラーバリエーションはブラック、クリアブルーなど全5色ですが、その他にも限定カラーのピカチュウNINTNDO64(オレンジ&イエロー)やトイザらス限定カラーのゴールドなどがあります。

発売されたソフトは、2001年12月発売の「ボンバーマン64」が日本国内では最後で、全206本と少ないですが、北米では2003年夏まで新作ソフトが発売されていました。特に「マリオカート64」、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」、「ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ」は大ヒットとなりました。NINTENDO64で初めて登場した「マリオパーティシリーズ」や「どうぶつの森」は、現在も続編が発売される人気タイトルとなっています。また、発売されたソフトの一部はWii、Wii Uのバーチャルコンソールで購入・プレイすることが可能です。

×

×

×