FROM JAPANキャンペーン開催中

FROM JAPAN Auction & Shopping Proxy Service

通貨

日本時間: (JP)

ミニ四駆

ミニ四駆

ミニ四駆 とは?

ミニ四駆 - 遊び方は多種多様、自分好みにカスタムして走らせることができる自動車模型

ミニ四駆は、タミヤが1982年より発売している小型の動力付き自動車模型です。モーターを搭載した名前の通り四輪駆動の模型で、日本で一番売れている自動車模型のシリーズです。スケールは一部を除いて1/32サイズで、この理由は単3乾電池2本が入りやすいためです。「ミニ四駆」はタミヤの登録商標のため、他社の類似商品は名乗ることができません。1987年より年齢やシャーシ、特殊ルールなどによりクラス分けされたタミヤ主催の公式大会が行われています。2007年にはミニ四駆生誕25周年を記念して毎年3月24日を「ミニ四駆の日」と制定しました。2012年にはミニ四駆30周年を記念して大人向けの高性能な「ミニ四駆REVシリーズ」が発売されました。

ミニ四駆

 

シリーズ から探す

ミニ四駆 の関連動画

ミニ四駆 おすすめ商品

ミニ四駆
もっと見る

ミニ四駆には2度の大ブームがあり、いずれもミニ四駆を題材にしたコロコロコミックで連載していた漫画がきっかけでした。最初のブームは、1987年より連載していた「ダッシュ!四駆郎」です。漫画オリジナルの車種「ダッシュシリーズ」が人気を博しました。次のブームは、1994年より連載していた「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」です。現在も発売されている「フルカウルミニ四駆シリーズ」は、漫画の登場車種で第二次ブームの牽引役となりました。その中でも、特に3代目のサイクロンマグナムとハリケーンソニックは、発売当初から生産が追い付かない状況が続くほどの大ヒット車種となりました。

ミニ四駆の組み立てには基本的に接着剤は不要で、カッターナイフやプラスドライバーなどがあれば組み立てることができるスナップフィットキットになっています。グレードアップパーツを使えば、より高性能なマシンに改造できます。

ミニ四駆は大きく分けて3タイプを展開しています。専用コースで走行させてスピードを競い合う「オンロードタイプ」、不整地路を走行させることができる「オフロードタイプ」、走行するための機構が装備されていない飾って楽しむ「ディスプレイタイプ」です。オンロードタイプは、高速かつ安定した走行が可能で、「レーサーミニ四駆シリーズ」や「ミニ四駆PROシリーズ」などがあります。オフロードタイプは、ミニ四駆の原点である「ミニ四駆シリーズ」や「ワイルドミニ四駆シリーズ」などがあります。ディスプレイタイプは、現在生産・販売は終了していますが、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の主人公たちの愛車をモデル化した「リアルミニ四駆シリーズ」があります。そのほかには、現在は生産していない「ミニFシリーズ」や、「ラジ四駆シリーズ」などがあります。また、数量限定品やイベント会場限定品などの限定商品もあります。

×

×

×