FJ スタッフおすすめアイテム

 

2016年冬の新作お菓子をFJスタッフがご紹介!

2016/11/22 NEW!

冬はキャラメル味のお菓子がおいしい季節です!
「たけのこの里 キャラメル&ホワイト」は、ホワイトチョコレートにキャラメルの味がしっかりついていておいしい!
「カントリーマアム 大人のキャラメルマカダミア」は、キャラメルを焦したようなほろ苦い味わいで、砕いたマカデミアナッツが生地の中に入っています。温めて食べると中に入っているチョコチップが溶け出して、さらにおいしいに違いない!
残念ながら、紹介したカントリーマアムは販売店が限定されていて、現在は購入ができないのですが、他のカントリーマアムももちろんおいしいですよ!!

たけのこの里 キャラメル&ホワイトををチェック!

カントリーマアム チーズタルトをチェック!

カントリーマアム クリスピーをチェック!

 

2016年秋の新作お菓子をFJスタッフがご紹介!

2016/10/25

みんな大好きなキットカット。季節限定の「パンプキンプリン味」は、食べた瞬間に口の中にパンプキンプリンの風味がひろがります。とっても甘くておいしい!
Pockyの季節限定商品は「トリニティ」。普通のポッキーと異なり、ほんのり苦みのあるオレンジピールがアクセントとなっていて、大人の味を演出しています。
FJスタッフに一番人気だったのはポテトチップス「黒いコンソメ味」。黒いポテトチップスをあなたは想像できますか!?おそるおそる食べてみましたが、味はとってもおいしいコンソメ味でした。パーティでびっくりさせたいならこのポテトチップスがオススメです!

全て季節限定商品なので、お買い求めはお早めに!

キットカット パンプキンプリン味をチェック!

Pocky トリニティをチェック!

ポテトチップス 黒いコンソメ味をチェック!

 

苦く感じる?甘く感じる? ~ 日本茶飲み比べ

2016/9/27

日本茶とひとことでいっても、産地や収穫時期によって味や香りは大きく異なります。そして、お茶をいれる時のお湯の温度で渋みや甘さが異なってくるという不思議な飲み物です。 FROM JAPANスタッフが4種類のお茶の飲み比べをしてみました。 ほんのり甘味を感じる「伊勢茶」(三重県)、日本で一番早く収穫ができる「奥みどり」の新茶(沖縄県)、渋みが特徴である「掛川茶」(静岡県)、炒ったお米が香ばしく香る「抹茶入り玄米茶」(京都府)。渋い味の中にも後味にほんのりとした甘さが感じられたりと、どのお茶も味が異なっていることに驚きです! 日本茶に合わせるお菓子は、「和風クッキー」をおすすめします。抹茶やしょうが、梅、ごまを使ったクッキーなら、日本茶にもぴったりです!

日本茶をチェック!

和風クッキーをチェック!

 

砂絵

2016/7/27

色のついた砂を使って絵を描き出す砂絵。 日本では、江戸時代まではお祭りや伝統行事で大道芸人が実演して観客を喜ばせていました。現在の砂絵は、砂の色も多くなり、より芸術性が高くなっています。 FROM JAPANスタッフがピカチュウ、スヌーピー、化物語の忍野忍などお気に入りのキャラクターを砂絵で描いてみました。まず、砂絵専用のシートの上にキャラクターの絵を描きます。色を付けたい部分カッターで切り抜き、はがします。はがした後の糊がついた部分に砂を落としていきます。 砂絵のコツは、濃い色の砂から先に使って描いていくこと。最後に色が薄い色の砂(白など)を使うようにすると、きれいにできます。いろんな色を混ぜ合わせて自分で色を作り出すのも楽しいですよ!

砂絵セットをチェック!

 

日本のスナックはクレイジー!? 変わった味のスナック その2

2016/6/29

変わった味のスナックを紹介する企画の第二弾です。 今回もパッケージを見ただけでは美味しいかどうかが分からないスナックが揃っています!

第二弾のラインナップ:
レモン味のソフトキャンディーの中にイカの天ぷらのチップが入った「ぷっちょ いか天 瀬戸内レモン果汁使用」。
瀬戸内レモンの味わいが爽やかだった「ポテトチップス 瀬戸内レモン味」。
刺激的な辛さが病みつきになる「暴君ハバネロ」。
そして、「一平ちゃん 焼きそば チョコソース」

今回、食べるのに一番勇気が必要だったのが「一平ちゃん」です。 焼きそばにチョコソース!?どんな味なのか想像がつかない! ソースは、少しビターな特製チョコソース。チョコクランチとシナモンのふりかけをかけて食べます。 ひとくち食べると普通のソース焼きそばでしたが、あとからチョコレートの風味がやってきます。 チョコレートとソースの相性は悪くないのですが、シナモンの味がちょっときつい・・・。 それでもFJスタッフの評価は「想像していたほど、悪くない!」。この不思議な味を今すぐ、試してみよう!

一平ちゃん・夜店の焼きそばチョコソースをチェック!

 

日本のスナックはクレイジー!? 変わった味のスナック その1

2016/5/17

季節ごと、地域ごとに異なった味が発売される日本のスナック菓子ですが、中には「なぜ、この味のスナックを作った!?」と不思議に思う変わった味のスナックがあります。 FJの勇気があるスタッフが食べてみた不思議な味のスナックをご紹介。

第一弾のラインナップ:
ホルモンがお菓子になった「戦うホルモン」。
クリーミーな味わいの「じゃがりこ うにクリーム」。
グレープ味のグミにチョコレートがかかった「コロロ ショコラグレープ」。
とっても辛いタイのシラチャーソース味の「柿の種 シラチャーソース味」。
そして、「キットカット 日本酒」。

「キットカット 日本酒」は、口の中に広がるまろやかな日本酒の味わいを見事に再現していて、日本酒好きのスタッフには大好評でした。ぜひお試しください!
第二弾の更新もお楽しみに!

キットカット日本酒をチェック!

 

食品サンプル作り 抹茶パフェ

2016/4/19

日本の職人が技術を注ぎ込んで作る食品サンプルは日本土産として大人気! 始まりは、洋食が日本に伝わった時代に「オムレツ」など料理名から想像ができなかった日本人に料理のイメージを伝えるためのものでした。今では、日本語のわからない海外からの観光客に料理のイメージを伝えるためのアイテムとしても大活躍しています。 今回は簡単に食品サンプルづくりが体験できるキットをご紹介。 FJスタッフが挑戦したのは抹茶パフェ。小豆などのパーツをはさみでカットし、抹茶や黒蜜に見立てた液体を温めて流し込み、ソフトクリームに見立てたシリコンを絞りだすと抹茶パフェのできあがり! 可愛い食品サンプルモチーフの雑貨も多数!学校や職場で注目されること間違いなし!

食品サンプルモチーフの雑貨をチェック!

 

たのしいおすしやさん

2016/3/15

ごはんのもと、タマゴのもと、マグロのもと、イクラのもと、ソフトキャンディと水を使って本物の「おすし」そっくりのお菓子が作れます。 お醤油まで手作り!イクラはスポイトを使って粒感を再現します。 そして、食べてびっくり!全てがグレープ味なんです! ホームパーティーで大盛り上がり間違いなし! 不思議なのにしっかり美味しい。楽しく作って美味しく食べよう。

たのしいおすしやさんをチェック!

 

駄菓子

2016/2/16

おなかがへったときに夕飯の前にちょっとだけ食べる安価な子ども向けのお菓子、「駄菓子」。30年くらい前までは駄菓子を売るお店はどこにでもありましたが、今ではすっかり減ってしまいました。それでも日本人は駄菓子が大好き!FJスタッフにも人気がある「うまい棒」は、なんと1本あたり10円!駄菓子をつまみにお酒が飲める居酒屋があったりと、子どもにとっても大人にとっても駄菓子は永遠に人気です。「うまい棒」、一本いかが?

駄菓子をチェック!

 

書き初め

2016/1/19

新年に初めて毛筆で書や絵をかく行事を「書き初め(Kakizome)」と言います。 通常は1月2日に行われ、新年の抱負や詩歌を書きます。 書き初めには「墨汁」というインクを使いますが、洋服などにつくと洗っても落ちないので、墨汁で文字を書くことはとても緊張します。 気軽に書き初めをやってみたいなら、「水でお習字セット」がおすすめです。 セットに付いている筆を水で濡らし、専用の紙に文字を書くと簡単に書き初め体験ができます。水が乾くと文字が消えていくので、何回でも練習ができます。 何を書くか迷ったら、付属の練習本からかっこいい!と思う漢字を選んで書いてみよう! FJスタッフおすすめの漢字は「日本(Japan)」。 左右対称でバランスがとりやすく、初めてでも書きやすい文字です。 慣れてきたら「東京(Tokyo)」や「渋谷(Shibuya)」にも挑戦してみよう!

水でお習字セットをチェック!

 

おりがみ

2015/12/15

色のついた紙を折ったり、折り返したりすることによって、1枚の紙から様々なものを作り上げる「折り紙」は日本の伝統的な遊びです。 何度も細かく折ってつくられた「折り鶴」は、もはや芸術! FJスタッフが作ってみたのは、クリスマスツリー、サンタ、トナカイ、雪だるまにプレゼントボックス。 「折り方」のお手本を見ながら作りましたが、これが意外と難しい。 折り紙に初挑戦したフランス人スタッフは大苦戦していました! ひさしぶりに折り紙をして思ったこと・・・日本人が「器用」と言われる原点は、折り紙にあるのかもしれません。 美しい模様の「千代紙」もおすすめです。

おりがみをチェック!

千代紙をチェック!

 

ぬりえ

2015/11/5

日本人だったら小さいころに一度はやったであろう「ぬりえ」。 輪郭だけ描かれた絵に、色を塗りわけて楽しむおもちゃです。 子供の遊びと思われがちですが、大人向けの高度なぬりえも注目を集め、時間を忘れて楽しむ人が続出!ストレス発散にも効果があるとか。 アニメのキャラクターから美術館にある名画まで、日本にはたくさんの種類の「ぬりえ」が存在します。 自分の好きな色に塗って、お手軽にアートを楽しめます。

ぬりえをチェック!

色鉛筆をチェック!

 

なぞなぞねるねる!

2015/8/31

パッケージをあけると2つの不思議な粉が。 水を入れて粉と混ぜてねると、色が変わるんです! 食べてみると、ピーチやグレープなど子どもが好きなフルーツ味がしますが、2つの味を混ぜるとコーラ味になったりと、とても不思議。 子どもにとっては「ねって作って食べる」という作業が面白く、1978年に日本で発売されて以来、大人気! 日本人なら誰もが一度は作ったことがある!? ねるねるねるねは、日本人のワクワクを刺激してくれるお菓子なのです。

なぞなぞねるねる商品をチェック!

 

くるくる たこやき

2015/7/15

本物そっくり!くるっと回して丸いたこ焼きが作れる知育菓子です。袋を開けると、作る前からすでにソースのいい匂いが。 準備するものは水と電子レンジだけ。 生地、タコ、ソース、マヨネーズを粉から作って、形も味も本物にそっくりなミニたこ焼きが8個作れます。 電子レンジでこんがり膨らむ姿はまるで魔法★ 大阪のソウルフード、たこ焼きを手軽に楽しめます。 保存料・合成着色料不使用なので、お子様も安心して食べられます。

くるくる たこやき商品をチェック!

驚愕のミニサイズ ナノブロックでポケモンを作ろう!

2015/7/1

ナノブロックは1つのポッチがわずか4mm×4mmという超ミニサイズのブロック。 ひとつひとつのパーツがあまりにも小さく、その小ささに驚くこと間違いなし! 今回はポケモンシリーズを紹介します。 FJスタッフがカビゴンとカイリューづくりに挑戦しました。 手のひらにのるくらいのサイズなのに、かかった時間はなんと1体、1時間30分! 1人で没頭して作るのも楽しいですが、仲間で集まって作るのも楽しい! 他にもピカチュウ、ヒトカゲ、フシギダネ、キャタピーandモンスターボール、ラプラスなど人気キャラクターがそろっています。

ナノブロック商品をチェック!

MAIL MAGAZINE COLLECTION
FROM JAPAN TOP
Free Search Word!